パワーオイル

エンジン馬力アップオイルのご紹介
【パワーオイル 5cc 瓶入り】

優れた潤滑効果を持つ100%石油成分のピュアなオイルです。

超微粒子で粘性があり、金属表面にしっかり吸着、極圧潤滑性能が高く、長期にわたり持続いたします。うなぎのヌルヌルをイメージ

してください。圧力がかかればかかるほど滑ります。(少量使う事がポイント)

フッ素・モリブデン・セラミック・シリコンなどの化合物は含有していません。

パワーオイル5cc 5,800円

今なら 3,800円(送料込)

エンジン内の摩擦を限りなくゼロにし金属表面を保護いたします。
↓↓↓↓↓↓↓●実はこれ・・1本ですごいんです!!

単車・レーシングカート・船外機・原付・ならこれ1本でOK
1本 500円 (送料全国一律 90円)です!!


4気筒なら4本・・プラグを外して、容器の先端を切り燃焼室に注入後、プラグを戻してしばらく燃焼室になじませエンジン始動。即効性がありますが・・・・
10分ほど過ぎると本調子です。
ストロー入り1本  500円→ 400円
ストロー入り4本 2,000円 →1,600円

数量




パワーオイル5cc 5,800円今なら 3,800円(送料込)

【説明】
レーシングカートのエンジンは15000回転回しますが、500回転違う
ストレートで抜けるといわれています。
規定の燃料と規定の混合用オイルでの走行なら、このパワーオイルピストンとシリンダーを潤滑させるだけで、メチャメチャ馬力UPし早くなっちゃいます。

本来、組み立て用オイルとしてご使用していただくのがエンジンの各部において良いのですがピストンとシリンダーの摩擦を減らし保護する目的だけでも十分効果があり。
MAXパワーと吹き上がりが良くなります。
【使用方法】
組み立てオイル以外の使用
2サイクルエンジン
①プラグをはずす
②パワーオイルを注入
③5m程度、カートを押す
④プラグを着けて完了
⑤エンジン始動
 パワーオイルはーティング剤ではありません、入れて即効性があり長期に潤滑効果を持続し金属を保護いたします。
【追 記】
ワンメークエンジンのレースの場合、上記の方法が一番です。
強引な走行は止め、余裕で差をつけましょう!

 

パワーオイル5cc 5,800円今なら 3,800円(送料込)

【説 明】
2サイクルエンジンは、ガソリンとオイルを混合して潤滑・冷却をしていますがその潤滑効果では物足りません。エンジンのピストン・シリンダーの摩擦が軽減されると驚くほど、静かに、またパワーを発揮いたします。このパワーオイルは、ほんの数滴で潤滑効果を発揮いたします。
上記の使い方は実際に使えないと言われている2サイクルエンジン
及び、湿式クラッチ式 4サイクルエンジン車のバイクです。

【使い方】
①プラグをはずす。(エンジンは停止している事)
②パワーオイルを付属ストローでエンジンの中に入れる
③セルまたはキックでカラ回し
(プラグの穴は布などでオイルや燃料が飛んでもいいように布などで覆った方がいいです)
④プラグをつけて完了
⑤エンジン始動、3~5分アイドリング

【注 意】
2サイクルエンジンの混合用オイルに入れない事
4サイクルエンジン(湿式クラッチ式)のエンジンオイルに入れない事
(クラッチが滑って走行できなくなります)
あなたのバイクをよく把握して使用してください。
一概にプラグを抜いてと言っても、車種により、多気筒、水平型、V型、L型などエンジンの形状がありますので、各自作業ができそうな方のみご使用ください。

パワーオイル5cc 5,800円今なら 3,800円(送料込)

 

【説 明】
模型エンジンの燃料の中にひまし油が混合されていて、そのひまし油が潤滑効果の役割をしています。しかし、 その潤滑効果では物足りません。エンジンのピストン・シリンダーの摩擦が軽減されると驚くほど、静かに、またパワーを発揮し、金属表面を保護いたします。

このパワーオイルは、ほんの数滴で潤滑効果を発揮いたします。
【使用方法 2サイクルエンジン】
①プラグをはずす
②パワーオイルを数滴吸気口から注入
③エンジンをカラ回しする
④プラグをつける完了
⑤エンジン始動(プラグにパワーオイルが着くと最初はエンジンがかかりにくい場合があります)
一度エンジンがかかれば大丈夫
4サイクルエンジンの場合はエンジンオイルに添加オイルとして5%程度の割合でお使い下さい。

電動モーターの軸につま楊子でつけて効果あり。つけた後、ティッシュで拭き取ってください拭き取っても、超微粒子なので、金属表面を潤滑いたします。
(ボタボタに使うと、粘性があるのでホコリなどを寄せ集めて汚くなります)
【使用感】
パワーが出る
振動が少なくなる
音が静かに、滑らかになる
ピストン、シリンダーの寿命を長くする。使用サイクルは長期ですが、エンジン内に土、砂利などが入った場合はエンジンを洗浄し、再度ご使用ください。

【追 記】
パワーオイルを使っても、振動がおさまらない場合、クランク及びコンロッドに問題があると思うので、チューンショップに出して、調節いたしましょう。

www.nishikiya.com

ホームページに戻る 上記の内容お問合せ先 :shop@nishikiya.com