終活の社会性

終活が広がる 社会的な背景

20世紀初頭のように子供が多くて10人という時代には、分担して親の老後の世話や故人の後始末を行うことができましたが…
 ⇓  ⇓  ⇓
現代のように子供1人が珍しくない時代には、子供へ大きな負担はかけられない!そのため社会現象として“終活”が広がっています

※DINKSや、お一人様も増加しています
(共働きで子供を意識的に作らない、持たない夫婦)

終活はじめてみませんか?

終活はこれからの社会に必要な知識です

人生100年時代と言われるようになりました。高齢化が進み65歳以上のひとり暮らしも増えていて、終活はこれからの社会に欠かせないものになっています。終活に必要な情報を知っているだけで避けられる問題はたくさんあります。ちょっとしたことを「知っているか知らないか」、「準備しているか準備していないか」だけで残された家族の生活に大きな違いが出てきます。人生の最期に後悔することがないようこの機会に終活ガイドに相談してみませんか。